声を上げよう。青森の未来はその先にある。

2019年7月20日 / お知らせ, コラム, 活動報告, 街頭活動のお知らせ

わざわざ弁護士の世界を捨てて、あえて政治の世界に足を踏み入れようと決意した理由。それは今の日本の社会が間違っていると考えているからです。この間違った社会を変えたい。そうでないと、このままこの間違った社会を次の世代に引き継いでしまう。それはあまりにも無責任だと考えたからです。

今の日本の社会は、ひとことで言えば弱肉強食です。

強い人がより強くなる。

弱い人はより弱くなる。

弱い人や、弱い人の子どもたちは、いくら努力しても弱い状態から抜けきれない。こういう非常に不公平で不公正な社会。この社会を変えたい。これが私が立候補した際の願いです。

この願いを本気で叶えるために私は今日まで選挙戦を闘ってきました。投票箱が閉められるその時まで、みなさんも私と一緒に闘ってください。ぜひ私と一緒に闘ってください。

半年前に立候補を表明した直後は「暗中模索」「五里霧中」、こういう言葉ばかりが浮かぶ状態でした。今日まで、ここまでこぎ着けられた。しかも、つばぜり合いと新聞で表現していただけるようなところまでやって来られたというのは、すべてみなさんのおかげです。

これまで私を支えてくれて、どうもありがとうございます。

声を上げなければ、状況は変わりません。しかし声を上げれば、状況は確実に変えることが出来ます。みなさん、声を上げて、共に立ち上がって、私と一緒に闘ってください。

私はいつも、いつもみなさんと一緒にいます。

立憲パートナーズ募集中

立憲民主党はあなたです

お知らせ

活動報告

動画

立憲パートナー募集中です!

青森県連合

立憲民主党